配偶者と不倫相手双方にする

浮気の調査を探偵に任せ、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。
パートナーが信用できなくなってしまうと一生を共にするのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。
それと、原因となった不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば間違いなく別れさせられるはずです。探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」です。実費には移動にかかる費用、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査中の食費が加わることもあるようです。
時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用を算出します。浮気調査を行う期間が短ければ費用も安くすむわけです。
自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、離婚するかしないか心が乱れますよね。
まず頭を冷やして、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活を解消するのもいいでしょう。探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、浮気をした、されたといって離婚などそう簡単にすることなどできません。相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、一人で育てていくのは容易ではありません。
男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。浮気の確証を手に入れるには最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。とはいえ、探偵への調査依頼は費用が高くつきますから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。
探偵に浮気調査を頼んだとしたら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所の違いで金額は異なりますので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ